Return to Home

SADAO WATANABE UNOFFICIAL DISCOGRAPHY : ABOUT THIS CATEGORY

渡辺貞夫さん名義のアルバムのうち、オフィシャルサイトに掲載されていないアルバムやリーダーアルバムの再構成盤を発売日順で掲載しています。発売年のみ判明していて発売月が不明のアルバムは、掲載順が前後している可能性があります。

Among the albums under the name of Sadao Watanabe, the albums that are NOT listed on the official website. In chronological order.
1950年代

1960年代

SADAO WATANABE & BOSSANOVA



アルバムタイトル
渡辺貞夫とボサ・ノヴァ / SADAO WATANABE & BOSSANOVA

発売日
1967年10月12日

録音
1967年

演奏・スタッフ
渡辺 貞夫 (監修)
渡辺貞夫クインテット : 渡辺 貞夫 (as,fl), 菊地 雅章 (p), 富樫 雅彦 (ds), 原田 政長 (b), 中牟礼 貞則 (g) + 泉田 エミイ (vo[A2,B3,C5,C6],cavasa)

曲目
[sheet 1]
A1. マシュ・ケ・ナダ / MAS QUE NADA (George Ben) [as]
A2. アグァ・ジ・ベベール / AGUA DE BEBER (A.C.Jobim) [fl]

[sheet 2]
B3. イパネマの娘 / GAROTA DE IPANEMA (A.C.Jobim) [as]
B4. ソ・ダンソ・サンバ / SO DANCO SAMBA (A.C.Jobim) [as]

[sheet 3]
C5. キューピッヅ・ソング / CUPID'S SONG (曲:渡辺 貞夫, 詞:小室等, 詞:泉田エミイ) [fl]
C6. レザ / REZA (Edu Lobo, Ruy Guerra) [fl]

初版
SADAO WATANABE & BOSSANOVA: ASAHI SONORAMA K-19 (SONOSHEETS, 1967年10月12日)

コメント
3枚のソノシートと冊子で構成。中古市場でもきわめてレアで、5万円以上の価格で取り引きされています。冊子には「ナベ・サダがみずから語る "ぼくとボサ・ノヴァ"」という一文と、「ボサ・ノヴァ・ギターに強くなろう」と題したギター譜が掲載されているようです。歌を担当している泉田エミイさんは当時16歳。リオデジャネイロ生まれの日系二世で、母親の病気治療のために日本を訪問中、渡辺貞夫氏にスカウトされました。本作のち1968年に[ストリート・サンバ]で正式デビューしますが、その後の活動や動静は不明です。(本品の現物を持っていないため、ジャケット画像はインターネットから借用しました。そのため色味が違う可能性があります)

the last update : 2021/Jul/11

渡辺貞夫のボサ・ノヴァ



アルバムタイトル
渡辺貞夫のボサ・ノヴァ / BOSSA NOVA BY SADAO WATANABE

発売日
1968年2月?

録音
不明

演奏・スタッフ
渡辺貞夫セクステット : 渡辺 貞夫 (as,fl), 菊地 雅章 (p), 富樫 雅彦 (ds), 原田 政長 (b), 中牟礼 貞則 (g), 宮田 英夫 (cavasa)

曲目
A1. DESAFINADO (A.C.Jobim)
A2. MEDITATION (A.C.Jobim)
A3. THE SHADOW OF YOUR SMILE (Johnny Mandel)
A4. UN HOMME ET UNE FEMME (Francis Lai)
A5. O MORRO (C.Lyra)
A6. THE GIRL FROM IPANEMA (A.C.Jobim)
B7. ONE NOTE SAMBA (A.C.Jobim)
B8. FOR GIVE ME IF I'M LATE
B9. MANHA DE CARNAVAL (L.Bonfa)
B10. SO DANCO SAMBA (A.C.Jobim)
B11. AND I LOVE HER (J.Lennon, P.McCartney)
B12. QUIET NIGHT (CORCOVADO) (A.C.Jobim)

初版
渡辺貞夫のボサ・ノヴァ : ニッポン放送サービス / PONY RF 5001 (5inch/9.5cm open tape, 1968年2月?) ◎

コメント
スイングジャーナル誌の1968年3月号に本テープの広告が掲載されているそうで、発売を1968年2月とした。渡辺貞夫さんはボサノバナンバーを数多く吹き込んでいるが、[DESAFINADO]は本テープが知る限り唯一である。

(機材を持っていないため詳細は確認できていません)

the last update : 2021/Jul/06

ナウズ・ザ・タイム / SADAO WATANABE NOW'S THE TIME



アルバムタイトル
ナウズ・ザ・タイム / SADAO WATANABE NOW'S THE TIME

発売日
1968年?

録音
1968年?

演奏・スタッフ
渡辺貞夫カルテット : 渡辺 貞夫 (as,fl), 増尾 好秋 (g), 橋本 静雄 (b), 渡辺 文男 (ds)

曲目
A1. NOW'S THE TIME (Charlie Parker) [as]
A2. FOREST FLOWER (C.Lloyd)
A3. THE TIME AND THE PLACE (J.Heath) [as]
A4. FRIED BANANAS (Gary McFarland) [as]
B5. GENTLE RAIN (L.Bonfa) [fl]
B6. GIPSY '66 (G.Szabo) [fl]
B7. THE CAT (L.Shifrin) [as]
B8. SONG OF THE JET (A.C.Jobim) [as]

初版
ナウズ・ザ・タイム : ニッポン放送サービス / PONY RF 5024 (5inch/9.5cm open tape, 1968年?) ◎

コメント
1968年の春に組んだ新編成のカルテットによる演奏。ライナーに「(渡辺貞夫は)今年(1968年)再び渡米し、8月に帰国しました」とあるので、1968年8月から12月の間の制作であることは間違いないと思われる。同系列の[渡辺貞夫帰国コンサート]のテープ番号がRF 5032に対して、本テープはRF5024となっているため、発売は[渡辺貞夫帰国コンサート]よりも前の可能性がある。なお、ジャケットの画像は、貞夫さんが髭を生やしていないこと、アルトサックスのネックがSelmer Mark VIではなくKing Super 20であること、の2点から考えて、留学前(1962年以前)の写真を使っていると判断する。
(機材を持っていないため詳細は確認できていません)

the last update : 2021/Jul/06

渡辺貞夫帰国コンサート / SADAO WATANABE JAZZ ON STAGE



アルバムタイトル
渡辺貞夫帰国コンサート / SADAO WATANABE JAZZ ON STAGE

発売日
1968年?

録音
1968年8月31日 : 東京サンケイホール (ライブ収録)

演奏・スタッフ
渡辺貞夫カルテット : 渡辺 貞夫 (as,fl), 増尾 好秋 (g), 橋本 静雄 (b), 渡辺 文男 (ds), (ほかにfl, b-cl, tb, percがバックで参加している)

曲目
A1. HERE THERE & EVERYWHERE (Lennon-McCartney) [as]
A2. BOSSA NA PRAIA (G.Cunha) [as]
B3. AL BAJAR EL SOL (Armando Peraza) [as]
B4. FUNKY BROADWAY (L.Christian) [as]
B5. VIVA TOKO [fl]

初版
渡辺貞夫帰国コンサート : ニッポン放送サービス / PONY RF 5032 (5inch/9.5cm open tape, 1968年?) ◎

コメント
1968年に米国でのニューポート・ジャズ・フェスティバル出演とブラジルでの[ブラジルの渡辺貞夫]のレコーディングを終えて帰国した際に開催されたコンサートの2部の模様を、5インチ、9.5cm/s、4トラックのオープンリールテープに収録したもの。

(機材を持っていないため詳細は確認できていません)

the last update : 2021/Jul/06
1970年代

PASTORAL / ISOTOPE



アルバムタイトル
PASTORAL / ISOTOPE

発売日
1971年?

録音
1970年10月1日 : ニッポン放送第一スタディオ

演奏・スタッフ
渡辺貞夫クワルテット : 渡辺 貞夫 (as,sn,fl), 渡辺 香津美 (g), 鈴木 良雄 (b), 角田 博民 (ds)

曲目
A1. SUN RISE
A2. PASTORAL
A3. ISOTOPE (Joe Henderson)
B1. SUN SET
B2. CAROLINA (Chico Buarque)
B3. HERE'S THAT RAINY DAY (Jimmy Van Heusen)
B4. ROUD TRIP (COMING)

初版
PASTORAL / ISOTOPE : PONY RDP6006 (7inch/19cm open tape, 1971年?) ◎

コメント
7インチ、19cm/s、4トラックのオープンリールテープでのきわめて希少なアルバム。オープンリールデッキを持っているオーディオマニア向けに企画されたものだろうか。ドラムの角田博民はのちのつのだ☆ひろ。録音が1970年10月なので、リリースは1971年と仮定した。(機材を持っていないため内容を確認できていません)

AROUND THE TIME



アルバムタイトル
AROUND THE TIME

発売日
1972年

録音
1970年6月26日 : Hamburg Jazz House, 西ドイツ

演奏・スタッフ
渡辺 貞夫 (as), 増尾 好秋 (g), 角田 博民 (ds), 鈴木 良雄 (b)

曲目
A1. ROUND TRIP GOING
A2. ROUND TRIP COMING
B3. PASTORAL
B4. CALIFORNIA HERE I COME (Jolson, De Sylva, Meyer)
B5. TOKYO SUITE : SUNSET

初版
AROUND THE TIME : WAM MLP-15454 (LP, 1972年) ◎◎

コメント
渡辺貞夫カルテットが1970年にモントルー・ジャズフェスティバル出演のために初渡欧したとき、フランス、ドイツ、ユーゴスラビア、ポーランドでライブを行い、その際に1970年6月26日にドイツのラジオ局NDRのラジオ番組のために収録された演奏をアルバム化したもの。収録から2年後の1972年に当時の西ドイツで発売された。

(内容はまだ確認していません)

the last update 2021/July/08

SADAO MEETS SHARPS & FLATS


VICTOR RCA RGP-1147


BMG JAPAN BVCJ-37583

アルバムタイトル
SADAO MEETS SHARPS & FLATS

発売日
1973年

録音
1967年12月5日、6日:文京公会堂, 東京

演奏
[A3] 渡辺 貞夫 (as,fl), 千葉 馨 (horn), 中牟礼 貞則 (g), 宮田 英夫 (cavasa)
原 信夫とシャープス&フラッツ : 原 信夫 (cond), 森山 周三 (tp), 福島 照之 (tp), 篠原 国利 (tp), 佐波 博 (tp), 鈴木 弘 (tb), 谷山 忠男 (tb), 中川 英昭 (tb), 中島 正弘 (tb), 越智 治夫 (tb), 前川 元 (as), 鈴木 孝二 (as), 谷口 和典 (ts), 村岡 健 (ts), 森川 信幸 (bs), 小川 俊彦 (p), 竹内 弘 (b), 中村吉夫 (ds),

曲目
A01: BOOZE & BABY'S BOOGIE [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
A02: NARDIS [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
A03: IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING (J.M.Elliott, I.James) [as]
A04: ANACRUCIS [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]

B05: MUSIC BREAK [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
B06: CORCOVADO [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
B07: QUEBEC [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
B08: SO NICE [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]
B09: DAYS OF WINE AND ROSES [from ENCORE!! JAZZ & BOSSA]

初版
SADAO MEETS SHARPS & FLATS : VICTOR RCA RGP-1147 (LP, 1973年) ◎

初出
ENCORE!! JAZZ & BOSSA : TAKT JAZZ-3001 (LP, 1968年)

再発盤
SADAO MEETS SHARPS & FLATS : RCA RVL-5520 (JPL1-1036) (LP, 1977年)
SADAO MEETS SHARPS & FLATS : RCA PG-1503 (LP, 1980年)
渡辺貞夫とシャープス&フラッツ : RCA R25H-1008 (CD)
渡辺貞夫とシャープス&フラッツ : RCA R28H-2817 (CD)
SADAO MEETS SHARPS & FLATS : BMG BVCJ-37127 (CD, 2000年6月19日)
SADAO MEETS SHARPS & FLATS : BMG JAPAN BVCJ-37583 (CD, 2007年5月23日) ◎

コメント
渡辺貞夫氏の13作目のリーダーアルバム[ENCORE!! JAZZ & BOSSA]から、[USELESS LANDSCAPE]の代わりに[IN THE WEE SMALL HOURS OF THE MORNING]を収録した再構成盤です。曲を変更した理由は分かりません。

購入

the last update 2021/Aug/31

イパネマの娘 / THE GIRL FROM IPANEMA



アルバムタイトル
イパネマの娘 / THE GIRL FROM IPANEMA

発売日
1974年7月25日

録音
[A1,A3] 1967年6月:録音場所不詳

演奏
[A1,A3] 渡辺 貞夫 (as,fl,vo,whistle), 菊地 雅章 (p), 中牟礼 貞則 (g), 原田 政長 (b), 富樫 雅彦 (ds), 宮田英夫 (perc)

曲目
A1. THE SHADOW OF YOUR SMILE (J.Mandel) [as]
A2. THE GIRL FROM IPANEMA (from BOSSA BEST COLLECTION)
A3. UN HOMME ET UNE FEMME (F.Lai) [fl]
A4. FLY ME TO THE MOON (from BOSSA BEST COLLECTION)
A5. ONCE I LOVED (from BOSSA BEST COLLECTION)
B6. COISA MAIS LINDA (from BOSSA BEST COLLECTION)
B7. FAVERA (from BOSSA BEST COLLECTION)
B8. O MORRO (from BOSSA BEST COLLECTION)
B9. MARIA NINGUEM (from BOSSA BEST COLLECTION)
B10 VOCE E EU (from BOSSA BEST COLLECTION)

初版
THE GIRL FROM IPANEMA: RCA RVC RGP-1152 (LP, 1974年7月25日)

再発
THE GIRL FROM IPANEMA: RCA RVC RVL-5519 (LP, 1977年)
THE GIRL FROM IPANEMA: RCA RVC PG-1502 (LP, 1980年)
THE GIRL FROM IPANEMA: RCA RVC RCP-111 (CT)
THE GIRL FROM IPANEMA: BMG JAPAN / RCA BVCJ-7421 (CD, 1997年11月21日) ◎

初出
BOSSA BEST COLLECTION: UNION TEICHIKU UPS-1001-J (LP) [A2,A4-A5,B6-B10]

コメント
BOSSA BEST COLLECTION]の再発アルバム。[WHITE WAVES]と[LONG NIGHT]を削除し、本アルバムが初公開となる[THE SHADOW OF YOUR SMILE]と[UN HOMME ET UNE FEMME]の2曲を加え、曲順を再編している。たびたび再発されていて、ジャケットデザインが異なっている場合がある。マスターテープの保存状態がよくないためか全体に音質が悪い。

購入
1980年代

フライミートゥーザムーン / FLY ME TO THE MOON

BOSSA NOVA 67

アルバムタイトル
フライミートゥーザムーン / FLY ME TO THE MOON

発売日
1986年

録音
1967年3月8日, 29日:ビクタースタジオ

演奏
渡辺貞夫とセクステット・ウイズ・ストリングス : 渡辺 貞夫 (as,fl), 中牟礼 貞則 (g), 菊地 雅章 (p), 鈴木 勲 (b), 富樫 雅彦 (ds), 宮田 英夫 (cavasa), ストリングス [1-6]

曲目
A1. イパネマの娘 / THE GIRL FROM IPANEMA (A.C.Jobim, Vinicius de Moraes) [fl]
A2. メディテーション / MEDITATION (A.C.Jobim, Gimbel, Mendosa) [as]
A3. 黒いオルフェ / BLACK ORPHEUS (L.Bonfa) [fl]
A4. オ・グランド・アモール / O GRANDE AMOUR (A.C.Jobim) [as]
A5. ボニータ / BONITA (A.C.Jobim, Gilbert) [as]
A6. ディンディ / DINDI (A.C.Jobim, Gilbert, Vinicius de Moraes) [as]

B7. マシュケナダ / MAIS QUE NADA (J.Ben) [as]
B8. いそしぎ / THE SHADOW OF YOUR SMILE (Webster, Mandel) [as]
B9. フライミー・トゥー・ザ・ムーン / FLY ME TO THE MOON (B.Howard) [as]
B10. 男と女 / A MAN AND A WOMAN (F.Lai, P.Barouh) [fl]
B11. ソ・ダンソ・サンバ / SO DANCO SAMBA (A.C.Jobim, Vinicius de Moraes) [as]
B12. 彼女はキャリオカ / SHE'S CARIOCA (Gilbert, A.C.Jobim, Vinicius de Moraes) [fl]

初版
FLY ME TO THE MOON : VICTOR VVDP-5033 (CD, 1986年8月) ◎

初出
BOSSA NOVA 67 : VICTOR SJV-274 (LP, 1967年)

コメント
1986年に日産のローレルのCMに渡辺貞夫氏さんが演奏する[FLY ME TO THE MOON]が使われた反響で、過去の同曲が収録されている渡辺貞夫氏の5作目のリーダーアルバム[BOSSA NOVA 67]が、[FLY ME TO THE MOON] (VICTOR VVDP-5033)にアルバムタイトルを変えて再発されました。内容については変更はありません。

購入

the last update 2021/July/12

渡辺貞夫バラードを唄う / SADAO PLAYS BALLDS



アルバムタイトル
サダオ・プレイズ・バラッド / SADAO PLAYS BALLDS

発売日
1987年

録音
1967年4月25日:テイチク会館スタジオ, 東京 [8,11,1,7]
1967年5月9日:テイチク会館スタジオ, 東京 [9,10,12,13,6,2,5,3,4]

演奏
渡辺 貞夫 (as,fl), 菊地 雅章 (p), 原田 政長 (b), 富樫 雅彦 (ds), 高 珠恵ストリングス・カルテット [A1,A4,B7,B10]
渡辺 貞夫 (as,fl), 菊地 雅章 (p), 原田 政長 (b), 富樫 雅彦 (ds) [9,10,12,13,6,2,5,3,4]

曲目
1. HERE'S THAT RAINY DAY (J.V.Heusen) [as]
2. MY FOOLISH HEART (Victor Young) [as]
3. I THOUGHT ABOUT YOU (J.V.Heusen) [as]
4. OLD FOLKS (D.L.Hill, W.Robinson) [fl]
5. SPRING IS HERE (R.Rogers) [as]
6. LITTLE GIRL BLUE (R.Rogers) [as]
7. THAT'S ALL (A.Brandt, B.Haymes) [as]
8. THEY SAY IT'S WONDERFUL (I.Berline) [as]
9. MY ROMANCE (Richard Rogers) [as]
10. SOMETIMES I FEEL LIKE A MOTHER LESS CHILD (gospel song) [as]
11. ONCE UPON A SOMMERTIME (M.Legrand, E.Barcley) [fl]
12. A NIGHTINGALE SANG IN BARKLEY SQUARE (M.Sherwin) [as]
13. IT'S EASY TO REMEMBER (Richard Rogers) [as]

初版
SADAO WATANABE PLAYS BALLADS : DENON 30CY-1381 (CD, 1987年2月)

初出
MY ROMANCE : TACT JAZZ-5 (LP, 1967年)

再発売盤
SADAO WATANABE PLAYS BALLADS : DENON 30CY-1381 (CD, 1987年2月)
SADAO WATANABE PLAYS BALLADS : TACT/COLUMBIA 25CY-3248 (CD)
SADAO WATANABE PLAYS BALLADS : DENON DC-8555 (CD)
MY ROMANCE : NIPPON COLUMBIA / TAKT COCY-80423 (CD, 1996年11月21日)
MY ROMANCE : NIPPON COLUMBIA / TAKT COCB-31016 (CD, 2000年7月20日)

コメント
渡辺貞夫氏の6作目のリーダーアルバムである[MY ROMANCE]の1987年の初CD化に際し、メインタイトルを[SADAO PLAYS BALLDS]に変更し、さらに曲順を大幅に入れ替えたアルバムです。

購入

the last update 2021/July/12

1990年代

TRIBUTE JOBIM



アルバムタイトル
TRIBUTE JOBIM

発売日
1996年 (詳細不明)

録音
1996年7月18日: TOKYO FM Rスタジオ, 東京

演奏・スタッフ
渡辺 貞夫 (as,fl), 小野塚 晃 (p), 青木 智仁 (b), 梶原 順 (g), 石川 雅春 (ds), Steve Thornton (perc)

曲目
1. DINDI (A.C.Jobim) [fl]
2. SAMBA DO AVIAO (A.C.Jobim) [as]
3. O GRANDE AMOR (A.C.Jobim) [as]
4. CHEGA DE SAUDADE (A.C.Jobim) [as]
5. ESTRADA DO SOL (A.C.Jobim) [fl]
6. SE TODOS FOSEM IGUAIS A VOCE (A.C.Jobim) [as]
7. A FELICIDADE (A.C.Jobim) [as]
8. EU SEI QUE VOU TE AMAR (A.C.Jobim) [as]
9. POR TODA MINHA VIDA (A.C.Jobim) [as]
10. TRISTE (A.C.Jobim) [as]

初版
TRIBUTE JOBIM : DCC-1256 / 非売品 (CD, 1996年?) ◎

使用楽器
alto sax : Selmer Super Action 80 II Gold Plated
mouthpiece : FREDDIE GREGORY #5

コメント
1994年12月に亡くなったアントニオ・カルロス・ジョビンに捧げたアルバム。体裁としては田辺製薬の販促用CDに似ているが、同社のロゴなどはなく、制作の経緯や配布先は不明。通常のアルバムとして販売して欲しいほどのクオリティの演奏が収められている。

2000年代

MID SUMMER 2005 OSAKA BLUE NOTE



アルバムタイトル
MID SUMMER 2005 OSAKA BLUE NOTE

発売日
2005年 (詳細不明)

録音
2005年7月29日: Osaka Blue Note, 大阪 (ライブ収録)

演奏・スタッフ
渡辺 貞夫 (as), 小野塚 晃 (p,kb), 梶原 順 (g), 松原 秀樹 (b), 石川 雅春 (ds), Steve Thornton (perc), N'diasse Niang (perc), Saigenji (g,vo[6-7])

曲目
1. TEMBEA [as]
2. BONA PENDA [as]
3. SONG OF MAY [as]
4. CALL ME [as]
5. I'M WITH YOU [as]
6. SAUDADE DE ELIS (ELIS) [as]
7. MADE IN CORACAO [as]
8. BASIE'S AT NIGHT [as]
9. LIEF IS ALL LIKE THAT (FOR SNOOPY AND HIS FRIENDS) [as]
10. SEE WHAT HAPPENS [as]

初版
MID SUMMER 2005 OSAKA BLUE NOTE : 田辺製薬 DCC-1699 (CD, 2018年10月3日) ◎

使用楽器
alto sax : ・Selmer Serie III Sterling Silver #653951
mouthpiece : FREDDIE GREGORY #5

コメント
田辺製薬が販促用もしくは株主用として制作したライブ盤。音質も演奏も素晴らしく、非売品にしておくのが惜しいほどである。Serie IIIのスタシルにフレディ・グレゴリーを組み合わせたレアなセッティング。Osaka Blue Noteは2007年8月を以てビルボードライブ大阪に店名を変更している。

TIME AFTER TIME



アルバムタイトル
TIME AFTER TIME

リリース日
2009年

録音
詳細不明

演奏・スタッフ
M & M Studio (企画,制作), 坂田 栄一郎 (cover photo)
[1-4,10,11] 渡辺 貞夫 (as), Greg McKenzie (p), 納 浩一 (b), 則竹 裕之 (ds)
[5-9,12] 渡辺 貞夫 (as), 小野塚 晃 (p,kb), コモブチキイチロウ (b), 則竹 裕之 (ds)

曲目
1. I SHOULD CARE (Axel Stordahl, Paul Weston, Sammy Cahn) [as]
2. TIME AFTER TIME (Jule Styne, Sammy Cahn) [as]
3. YOU'D BE SO NICE TO COME HOME TO (Cole Porter) [as]
4. SOMEONE TO WATCH OVER ME (G.Gershwin, I.Gershwin) [as]
5. SMILE (Charles Chaplin) [as]
6. I'LL BE THERE (Willie Hutch, Berry Gordy, Hal Davis, Bob West) [as]
7. AND I LOVE HER (Paul McCartney, John Lennon) [as]
8. EU SEI QUE VOU TE AMAR (A.C.Jobim, V.D.Moraes) [as]
9. MY FOOLISH HEART (Victor Young) [as]
10. NO MOON AT ALL (David Mann, Redd Evans) [as]
11. IT MIGHT AS WELL BE SPRING (Oscar Hammerstein II, Richard Rodgers) [as]
12. THE SHADOW OF YOUR SMILE (Johnny Mandel, Paul Francis Webster) [as]

初版
TIME AFTER TIME : WARNER MUSIC JAPAN / 田辺三菱製薬 WQCQ-213 (CD, 2009年) ◎

使用楽器
alto sax : Selmer Serie III Sterling Silver
mouthpiece : Meyer 5MM ?

コメント
田辺三菱製薬が販促用もしくは株主優待用として制作したオリジナル盤。全編カバー曲で構成されている。ドラムの則竹裕之氏とのレコーディングは本アルバムが唯一か? タイトル曲の[TIME AFTER TIME]は、シンディ・ローパーが歌った一般に知られている曲ではなく、フランク・シナトラが歌った曲のほうである。

2010年代

SADAO WATANABE WITH BRAZILIAN FRIENDS



アルバムタイトル
SADAO WATANABE WITH BRAZILIAN FRIENDS

リリース日
2010年

録音
2010年10月10日 : Blue Note Tokyo, 東京 (ライブ収録)

演奏・スタッフ
M & M Studio (企画,制作), 坂田 栄一郎 (cover photo)
渡辺 貞夫 (as), Romero Lubambo (g), Helio Alves (p), Nilson Matta (b), Duduka da Fonseca (ds), Cafe (perc)

曲目
1. BOSSA NA PRAIA (Pery Ribeiro, Geraldo Cunha) [as]
2. SAMBA DA VOLTA (Toquinho) [as]
3. IF I COULD [as]
4. SIMPATICO [as]
5. WIND & TREES [as]
6. ELIS [as]
7. I'M WITH YOU [as]
8. ITAPUA [as]
9. NOT QUITE A SAMBA [as]
10. CARINHOSO (Pixinguinha) [as]

初版
SADAO WATANABE WITH BRAZILIAN FRIENDS : WARNER MUSIC JAPAN / 田辺三菱製薬 WQCQ-243 (CD /非売品, 2010年) ◎

使用楽器
alto sax : Selmer Serie III Sterling Silver

コメント
田辺三菱製薬が販促用もしくは株主優待用として制作したアルバムで、2010年10月8日から11日までブルーノート東京で開催された「SADAO WATANABE presents SADAO plays JAZZ SAMBA with ROMERO LUBAMBO」の10月10日のセットが収められています。ジャケットの撮影場所は東京都調布市にある味の素スタジアムと思われます。1曲目は表記では[E NADA MAIS]となっていますが[BOSSA NA PRAIA]の誤りです(75作目としてリストされている[LIVE IN NEMURO 1977]でも同様の誤りがあります)。本CDは一般には販売されていません。

the last update : 2021/Aug/18

2020年代